成り立ち

1920 年代にドイツ人ジョセフ・ピラティスにより、第一次世界大戦中病人やけが人のリハビリとして体系化されたトレーニングです。

主に体幹(横隔膜、お腹周りを囲うコルセットのような筋肉、骨盤底筋に囲まれたエリア)の強化にフォーカス、背骨や骨盤の動きに重点を置いたエクササイズです。

ニュートラルポジション(骨盤の上に脊柱のS字カーブを保った姿勢)を取り、体幹を安定させながら手足を機能的に動かすことを目的としたトレーニングです。元々ベッドを改良した手作りマシンでリハビリをしたのがスタートですが、現在はマットの上でも簡単にできるエクササイズが生み出され、ハリウッド女優や有名人も取り入れている人気のエクササイズになっています。

どんな運動?

代表的な動きをご紹介します。

上体みぞおちから上を屈曲させることで腹部の深層にある筋肉をアクティブにさせた状態で手足を動かします。最初はきつく感じる人もいますが、道具でアシストさせて徐々 に鍛えていくこともできます。

みぞおちから上を丸めあげて腹筋をアクティブにします。
このスタイルが腹筋を有効に鍛えられるんです!
最初やってみたら筋肉痛になる方も多いですが、慣れるとひょいっと上げらるようになります。
筋力が少ない方はボールを使ってアシストしますのでご安心下さい。

ピラティスはマインドフルネス

ご自身の今の状態に気付きを持って集中して体を動かすことで、普段忙しく動いている脳の状態がリセットされ頭がすっきりします。
心(脳)と身体がつながっている事を感じながら、今自分はここにいる事を大切にできる。
まさにピラティスは動く瞑想なのです。