ストレッチ(柔軟性)も大切に

[temp id=2]

土曜日クラスで日々のストレッチ方法をお伝えしました。


ピラティスは、体が硬くてもできます。ただ、柔軟性があった方がメリットは多いです。
・可動域が大きくなることで動きがダイナミックになり、代謝量もアップ。
・前腿など他の部分で代償した動きが出ることで、狙った場所が鍛えられない。
・腰痛の原因になる。

私も38歳まで体が硬くて、ヨガに行っても先生が柔らかすぎて自分とかけ離すぎてムリ…。ピラティスだってやってみたけど、長座で前腿がピーっと張ってしまい何をやっているか分からない。という気持ちでマット運動みたいなものは無理かなと思っていました。

ところが娘とバレエを始めたことをきっかけに、毎日ストレッチしたら、柔らかくなったんです!身をもって実証します。柔軟性は何歳からでも向上する事は可能なんです!

コツは、ただ一つ「毎日ストレッチ」。これだけ。

最初のうちは毎日15分程度はやって欲しいです。そんな時間ない…。と思うかもしれないけど、スマホを気づくと20分くらい見てませんか?それだったら、「ながら」でいいから一緒にストレッチを入れて見て下さい♪
  

こんな感じで「ながら」でOK。上の3つのストレッチは、とっかかりの方にもお勧めです。
※体を倒す時は股関節の付け根から折るようにするのがポイント。(お尻はプリです)

Azumiピラティスでは、ストレッチの姿勢を直接見てアドバイスできますので、体験からまずはお越し下さい♪

[temp id=3]

[temp id=1]